日本酒に合うおつまみ

巷で話題の「梅水晶」とは?気になる味と購入できるお店からレシピまで

日本酒のおつまみ梅水晶とは

夏は冷酒、冬は燗酒と1年を通して美味しく頂くことができる「日本酒」ですが、皆さんは日本酒を頂く際、どんなおつまみを用意していますか?

 

「やっぱり1番は関西の春の風物詩『いかなごの釘煮』でしょ!」

「スパークリング清酒にはおばあちゃん手作りの枝豆がよく合う」

「毎年夏になると母が作るニンニク味噌を肴に純米酒を嗜むのが堪らない」

 

など、好みの日本酒の銘柄やタイプによっておつまみの種類は変わりますが、ここ数年、日本酒をこよなく愛する方々のあいだで話題となっている絶品おつまみがあります。

 

多くの日本酒愛好家たちを虜にしている高級珍味。、そのおつまみの名は「梅水晶」です。

 

「火曜サプライズ」のアポなしロケの放送中、中村倫也さんが居酒屋さんで「梅水晶」と注文していましたが、「何それ?」と思われた方も多いのではないでしょうか。

また居酒屋さんのメニューで「梅水晶」を見つけて何だろうかと思ったかもしれません。

 

この記事はこんな方におすすめです。

 

本記事の内容

・そもそも梅水晶って何?

・梅水晶を居酒屋さんで食べたことがあるけど家でも食べたい!どこで売ってる?

・自分で作ったりできるのかな?

 

いったいどんな味がするのか、どこで買えるのかなど、今回は“日本酒史上最強の肴”と称される高級珍味「梅水晶」の気になるお味と購入できるお店をご紹介します。

 

 

梅水晶の気になるお味は?

 

梅水晶とは、たいへん稀少な気仙沼産のサメ軟骨と梅肉を合わせた高級珍味のことです。

 

日本酒のおつまみとして梅水晶を食べたことのある方々は、

 

“軟骨のコリコリ食感と梅肉の爽やかな酸味が絶妙!”

“箸休めのつもりだったのに、全然箸が止まらない”

“お店のメニューに名前があったら絶対注文すべき!”

“梅水晶のことを考えるだけでヨダレがでてきてしまう”

 

と、皆さん口を揃えて大絶賛しています。

 

コリコリとしたサメ軟骨とくちの中でプチプチと弾ける心地良い飛魚の卵の食感が梅肉の爽やかな酸味と絶妙にマッチした梅水晶は、日本酒の肴としてだけではなく、ごはんのおかずとしてもたいへん重宝します。

 

特に節句や記念日などの特別な日のご馳走に梅水晶を加えることで、水晶のように透き通った美しいサメ軟骨と淡い色調の梅肉の絶妙なコントラストがより料理の華やかさを際立たせてくれるため、いつもよりも豪華な料理へと変身させることができます。

 

ただ、2011年に東北地方で起こった東日本大震災の影響により、原材料のサメ軟骨が非常に入手しづらい状態となっていました。

元祖・梅水晶で知られる大阪府大阪市浪速区にある「サブ水産株式会社」では、サメ軟骨を100%使用した「元祖・梅水晶」の他にヤゲン(鶏)軟骨が若干多めに配合されている「サメ軟骨・鶏軟骨の南高梅和え」も販売しています。

 

ヤゲン軟骨が配合されている梅水晶の方が、サメ軟骨100%の梅水晶と比べて栄養価が高く、梅肉と食塩が含まれていることで大変塩辛い味わいになっています。

ただし、その他の食感や風味への影響はほぼありませんので、お好みの梅水晶を購入してください。

 

梅水晶が購入できるお店の紹介

 

“日本酒史上最強の肴”と称される梅水晶ですが、いったいどこで購入することができるのでしょうか。

 

現在梅水晶をお取り寄せ注文することできるのはこちらです。

 

  • ぐるすぐり
  • KenKen市場
  • 楽天市場

 

ぐるなびの通販サイト「ぐるすぐり」で梅水晶を購入する

 

ぐるすぐりはあの有名グルメサイト「ぐるなび」が厳選した様々な食品が紹介されている通販サイトです。

美味しそうな食品がたくさんありますので目移りしてしまいますが、その中に「サブ水産の梅水晶」が販売されています。

 

 

川崎中央卸売市場の会社が運営する通販サイト「KenKen市場」で梅水晶を購入する

KenKen市場は川崎中央卸売市場の共同北部水産株式会社が運営する通販サイトで、ほとんどが魚介に関係する食品を取り揃えています。

卸売市場からの新鮮な魚介や他の珍味等もあり、ついつい買いすぎてしまいそうです。

 

 

KenKen市場では

 

※必ずご確認下さい※

こちら人気商品のため入荷次第の発送となります。現在発送までに約4~5週間お待ちいただいております。大変申し訳ございませんが、ご理解・ご了承の上、お待ち頂けますよう宜しくお願いします。 (2016/3/18)

と書かれるほどたいへん人気の商品となっているため、発送までに数週間かかる場合があります。

ただ、載っている日付がかなり古いので、現在は解消しているかもしれません。

 

お盆休みや年末年始に自宅を留守にされる方は事前にお店に確認しておくことをオススメします。

 

一番気軽で有名な通販サイト「楽天市場」で梅水晶を購入する

 

一番気軽に買えるのは楽天市場です。

 

楽天市場の場合は下に紹介している店舗や、他にも「梅水晶」で調べれば数件お取り寄せして購入できます。

ただし、こちらもやはり在庫が少ない場合もあるので、気になる方はお早めにチェックしてくださいね。

 

 

私が実際に取り寄せたレビューはこちらの記事に書いていますので、興味のある方はこちらもチェックしてみてください。(2017年10月12日更新)

とにかく美味しくてハマってしまうので、いっぱい食べたい方はぜひお取り寄せしてくださいね。

 

あわせて読みたい
旨さ抜群の日本酒の肴!おすすめおつまみ「梅水晶」を買ってみた今回紹介する梅水晶はとても美味しく、知る人ぞ知るおつまみです。 一般的にはあまり見かけないので ...

 

お家で梅水晶を作る方法は?

 

「梅水晶をお取り寄せしようと思ったら、1袋(700g) で3,500円もするので驚いた」という方も多いのではないでしょうか。

 

梅水晶は高級珍味ですので、ややお値段が張ってしまうのは仕方の無いことではありますが、初めて梅水晶を食べる方にとって、もしこの金額を支払って、口に合わなかったらどうしようという不安はありますよね。

 

特にサメの軟骨は独特な生臭い匂いがしますので、苦手な方も大勢います。

まずはお家で梅水晶を作ってからお取り寄せするかどうかを検討されてもいいかもしれません。

 

もしくはもっと沢山気軽に食べたいという方にも手作りをおすすめします。

 

ご自宅で作って見たい方はぜひこちらのレシピで作ってみてください。

 

梅水晶の作り方

 

材料 (分量はお好みで構いません)

・鶏の軟骨
・南高梅
・明太子
・かつお出汁
・ゴマ
・青しそ

作り方

 

  1. 鶏の軟骨を茹で、軟骨に付いているお肉を指で丁寧に取り除いてゆきます。
  2. 軟骨を千切りにします。
  3. 南高梅から種を取り除き、潰して練り梅干しにします。
  4. 青しそをみじん切りにしましょう。
  5. 明太子を薄皮と卵に分けます。
  6. 千切りにした鶏の軟骨、練り梅干し、ほぐした明太子、みじん切りの青しそをボウルへ入れ、少量のかつお出汁を加えて混ぜ合わせます。
  7. 器に⑥を盛り、擦ったゴマを振りかけたら完成です。

 

サメ軟骨は購入することができませんし、飛魚の卵は飛魚を1尾購入したとき以外では滅多にお目にかかることができない代物です。

サメ軟骨と飛魚の卵は食感の近い鶏の軟骨と明太子を代用とするのがオススメです。

 

梅水晶は最高の「お米」のお供

 

日本酒をこよなく愛する方々を中心に話題となっている“日本酒史上最強の肴”と称される「梅水晶」は、日本酒だけではちょっぴり口寂しいなと感じるときにオススメのおつまみです。

 

また、ご飯のお供にも最高の一品です。

ご飯も日本酒もどちらも「お米」であり、梅水晶はお米と最高にマッチします。

 

ハマる方は本当にやめられないぐらいハマってしまうと思います。

私はとても好きでハマってしまったタイプです。

 

梅水晶に合う日本酒は?

梅水晶にあう日本酒の画像

 

いまでは日本酒愛好家のあいだでは定番おつまみとなりつつある梅水晶。

 

結構どんな日本酒にも合いますが、少し魚介っぽい香りがあることと、塩味と梅の酸味がしっかりしていることから、辛口タイプの日本酒と組み合わせることをおすすめします。

梅水晶自身の良さをしっかり実感しながら、キリッとした風味の辛口の日本酒が後味をスッキリさせてくれます。

 

辛口の日本酒なら“淡麗辛口”で有名な新潟県八海醸造の八海山がおすすめです。

 

普通の八海山とも食べるのもおいしいですし、期間限定の「赤ラベル」「青ラベル」の八海山の新酒と楽しむのも良かったです。

 

 

他にも有名な日本酒ならば山口県旭酒造の「獺祭」もオススメです。

 

お店で食べる時でも、ご自宅で取り寄せて食べられる時でもいいので、ぜひ一度辛口の日本酒と梅水晶のマリアージュを試してみてください。

 

日本酒が進むおつまみ梅水晶!一度食べたらやみつきに

いかがでしたでしょうか?

多くの日本酒愛好家たちが日本酒のお供に選ぶ高級珍味の梅水晶は一度食べるとやめられないおいしさです。

 

お家で自作されても良いですが、少し手間はかかるのでできたものを購入して日本酒のおつまみにすることをおすすめします。

明日の晩酌のお供にいかがですか?

 

あわせて読みたい
日本酒有名銘柄を見てみよう!久保田・八海山・獺祭・黒龍・鍋島全国には数多くの日本酒がありますが、その中でもずば抜けて人気のある銘柄がいくつかあります。 今回は銘酒中の銘酒という評価の...

 

ABOUT ME
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 Sugitama 20代・会社員。日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 New! 2017/11/4 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定)
隠れた銘酒発見!日本酒定期宅配便「saketaku」

全国の日本酒約15,000種類以上ありますが、有名銘柄に隠れてしまった地方の銘酒がまだまだあります。

そんな銘酒を探すため、知名度やラベルは一切関係なし、最終審査ではラベルを隠した状態で鑑定士に選ばれた、”本当に”実力のある日本酒が毎月届くお得な定期便「saketaku」。

月々2,980円〜、大好評のため新規会員は毎月先着150名までなので、気になる方はお早めに。

紹介ページ公式ページ