おすすめの飲み方

札幌の酒と文化を発信する酒造の日本酒 日本清酒〜千歳鶴〜

 

北海道を代表する大都市札幌。札幌でアルコールと言えば、みなさんビールを思い浮かばれるのではないでしょうか。

 

しかし、札幌にはビールだけではなく、北海道民に親しまれ続けている地酒があります。

 

それが「千歳鶴(ちとせつる)」です。そんな千歳鶴をご紹介いたします。

 

1. 代表銘柄「千歳鶴(ちとせつる)」

 

受け継がれてきた匠の技で醸された千歳鶴

 

北海道ブランドの銘酒として全国にその名を広めてきましたが、その中から「千歳鶴北海道限定特別純米」をご紹介します。

 

このお酒は、試行錯誤の末にできあがったお酒で、

 

「北海道産の酒造好適米吟風が誕生したことで、革命的な変化が起きた」

 

と五代目杜氏はインタビューで答えていました(※)。

 

そんな北海道産酒造好適米吟風と米麹を原料に、清水で仕込んだ特別純米。

 

米の旨みを十分に引き出した、まろやかな味わいが特徴です。

 

常温で飲むのがオススメです。

 

2. 酒造について

 

千歳鶴を製造する日本清酒株式会社は、明治5年、柴田與次右衛門(しばたよじうえもん)が創成側川畔で柴田酒造店を始めたのが始まりです。

 

明治30年に7酒造者が企業合同し、札幌酒造合名会社を設立しました。

 

その後、昭和3年に8社が企業合同し、現在の日本清酒株式会社と改称しました。

そして同年、統一銘柄を「千歳鶴(ちとせつる)」としました。

 

一度は耳にしたことがあるでしょう千歳鶴は、鶴のイラストのお酒です。

 

<仕込み水>

 

千歳鶴が創業以来使い続けている水は、札幌南部に連なる緑豊かな山々が水源の豊平川の伏流水です。

 

地下150メートルからくみ上げる自然の恵みは、千歳鶴を構成する重要なひとつです。

 

日本清酒の酒造工場「丹頂蔵(たんちょうぐら)」で使用している伏流水の性質は中硬水。

 

硬軟両方の性質を併せ持ったバランスの良い水で、酒造りに適しています。

 

千歳鶴は、「この地のこの水でこの地の酒を醸す酒づくり」にこだわっています。

「この水だからこそ、いい酒ができる」という原点を貫き続けています。

 

<千歳鶴の酒米>

 

千歳鶴では、純米酒や吟醸酒の約7割に北海道産の酒造好適米吟風を使用しています。

 

その生産を一手に支えているのが、新十津川村「ピンネ酒米生産組合」の契約農家。

 

子を育てるように米を育てています。

新十津川町の環境は、酒米の横綱「山田錦」の名産地・吉川町と似ていると言われています。

良い米が育つ環境条件に恵まれ、大事に育てられている同町の酒米を使い、千歳鶴は造られています。

 

<全国屈指の金賞受賞実績>

 

国内には大小合わせて1,000以上の酒蔵があるとされています。

 

その中で、地域の鑑評会審査を経て、全国新酒鑑評会に出品できるのは、ほんの一握り。

 

酒造技術の世界では、金賞受賞は、杜氏や酒造にとって誇りであり、技術力の証でもあります。

 

その金賞を14年連続受賞してきた全国屈指の実力を持つ酒造が千歳鶴です。

 

そして、平成28酒造年度全国新酒鑑評会にて最高位の金賞を受賞しています。

 

3. 蔵元直営の飲食店

 

そんな日本清酒株式会社では、市内中心部に千歳鶴を味わうことのできる蔵元直営の飲食店が三店舗があります。

 

「蔵元直営吉翔(きっしょう)」「割烹居酒屋直営千歳鶴」、そして「立ち飲み鶴の蔵」

 

「蔵元直営吉祥」は、千歳鶴の看板銘柄である大吟醸「吉祥」を冠した居酒屋で、お酒に合せた創作料理が楽しめます。

お酒と料理を気楽に味わえるお店となっています。

 

「割烹居酒屋直営千歳鶴」では、千歳鶴の多彩な銘柄と、北海道の郷土料理や板前料理が味わえます。

 

そして最後に「立ち飲み鶴の蔵」では、気軽にお酒を楽しんでいただけるお店です。

仕事帰りや、待ち合わせの時間あわせに最適です。

 

現在の千歳鶴六代目杜氏は、女性杜氏

 

千歳鶴の前には釧路の酒造の杜氏をされていました。

女性ならではの感性が、千歳鶴にあらたな風を起こしてくれることが期待されている酒造です。

 

また、札幌に訪れた際には、ぜひ千歳鶴ミュージアムも訪れてはいかがでしょうか。

 

千歳鶴 酒ミュージアム
http://www.nipponseishu.co.jp/museum/

 

試飲カウンターはもちろん、日本酒以外にも酒粕を使用したソフトクリームや同社が製造している壽みそ製品も販売しています。

 

千歳鶴の歴史と、お酒を堪能ください。

 

参考:

日本清酒株式会社(http://nippon-seishu.net/

北海道酒造組合(http://www.hokkaido-sake.or.jp/

日刊スポーツお酒特集2007

https://www.nikkansports.com/special/sake/2007/chitoseturu.html

ABOUT ME
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 Sugitama 20代・会社員。日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 New! 2017/11/4 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定)
おにぎり屋さんから生まれた「糀の甘酒」

甘くて飲むと体中からほっこりと温めてくれる甘酒は、美容効果として女性や健康志向な人にとても注目されている飲み物で、「飲む点滴」なんて言い方もします。
 

そんな注目の甘酒の中でも、おにぎり屋と酒蔵と糀屋と味噌蔵が手を組んだちょっと変わった甘酒屋さん、古町糀製造所の「糀の甘酒」は、確かな味と飽きのこないように工夫された様々な味の甘酒があり、健康な生活を美味しくサポートしてくれます。

詳細ページ公式ページ