日本酒紹介

日本酒本来の形を表現した日本酒 〜姿(すがた)〜

生まれたままの日本酒と聞いて、どのような日本酒を思い浮かべるでしょうか?

 

火入れをしていない、生の日本酒が世に出てきて久しいですが、どんな生酒よりも生々しい日本酒が栃木県にあります。

 

生原酒に魅せられた酒蔵が追求した、本来の姿の日本酒をご紹介します。

 

 

1. 生まれたままの姿

 

栃木県、飯沼銘醸で造られる銘柄「姿

 

 

現在の社長さんが、まだ蔵を継ぐ前に、とある場で飲んだ生酒がとても美味しく、こんな日本酒を自分も造りたいと思い立ち、この姿を造ったそうです。

 

銘柄の由来は、

 

「日本酒のしぼりたての、水を加えていない、濾過もしていない、生まれたままの姿の状態で飲んでほしい」

 

こうした想いから姿は誕生しました。

 

昔はこのような想いがあっても、設備や技術の都合で、品質が保てない理由から、生原酒や生酒などは、その酒蔵に行かないと飲めないということが多々ありました。

 

ちなみに、特別感を出す理由から、「この生酒は酒蔵の直売店でしか飲めない」という日本酒も場合によっては今でもあります。

 

そうしたお酒なので基本的に、姿は無濾過生原酒での銘柄シリーズとなり、アルコール度数も18度程度と力強い日本酒となっています。

 

2. 定番の姿

 

姿の基本的な味わいは、風味はとても甘く、香りが強く、酒器やグラスに注いだ時には、周りに香りが広がるのが分かるほど芳醇な日本酒です。

 

米の旨みや甘みも力強く感じますが、繊細な上品さも感じられる飲み心地です。

 

なによりも特徴的なのが、舌に感じる、染み渡るような生々しさです。

 

数多くの生の日本酒がありますが、そのどれよりも生の触感が伝わる日本酒かと思います。

 

生原酒ですので、冷やして飲んで姿の香りを感じてください。

 

定番品は全て純米吟醸で、山田錦、雄町、ブラックインパクトがあります。

 

クリーム色のラベルの山田錦は、姿のコンセプトに一番マッチした一本かと思います。

お米の性能が、無濾過生原酒の力強さをしっかりと受け止めることが出来るからです。

定番ですが「これぞ姿」と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

濃い臙脂のラベルの雄町は、山田錦に比べ、ジューシーで酸味を感じ、雄町好きにはたまらない一本です。

香りと味わいのガツンとした骨太の一本です。

 

 

 

定番ながら、姿の提案の仕方を変えたのが、黒いラベルのブラックインパクトです。

お米は山田錦とひとごごちというお米を掛け、名前の通り、黒い衝撃(炭素濾過)をかけた一本です。

 

姿唯一の弱点というのは、あまりにも香りと味わいが強くて、飲み疲れと、香りによる食べ物との相性を選ぶことがありました。

 

なので濾過することにより、香りの軽減と後味にキレを持たせることで、食事との提案をしやすくなりました。

それでも根本の姿の味わいはブレることはありません。

 

 

3. 季節の姿。別の姿。

 

ネーミングが「生まれたままの姿」という云われですが、季節限定品では面白いネーミングで発売されています。

 

新酒:初すがた

 

 

 

春:晴れすがた

 

晴れすがた

 

夏:浴衣すがた

 

浴衣すがた

 

秋:艶すがた

 

艶すがた

 

日本の行事や文化を感じるような名前で発売される日本酒は中々珍しいです。

 

また栃木の酒蔵ながら、北海道と縁があるらしく、晴れすがたのお米は彗星、浴衣すがたは吟風を使っていて、北海道のお米を、北海道以外で早い段階から使用している蔵でもあります。

 

他に限定品として、ラベルが裏になっている裏すがた、ラベルが英語表記の姿スパークリングなどもあります。

 

 

季節品や限定品などは、定番の姿のコンセプトからは若干外れているところもありますが、定番があっての限定品ということもあり、遊び心やサービス精神という意味合いが強く出ているところもあります。

 

また、この飯沼銘醸さんは、懇意にしている酒屋さんなどの要望を多く汲んでくれる酒蔵さんでもあり、「おりがらみの定番品」「中汲みの限定品」「定番品の火入れ」「定番同士の掛け合わせの姿」などなど、1つの商品でも若干異なる商品が多数存在しています。

 

マニア心をくすぐるところでもありますが、まずは定番品や、基本の限定品から試してみるのがおススメです。

 

本来の味を知ってから、限定品に目を向けてみてください。

 

その銘柄が誕生した経緯は、その酒蔵の熱意や偶然の閃きだったりします。

 

この姿もそうで、元々社長さんにとって酒造りは家業でしたが、生酒を飲む前はそれほど日本酒に興味がなかったそうです。

 

造ろうと思った時、東京の大手の酒屋さんの力を借りたり、出来た姿を広めるために、色んな人に頼ったりと、閃きの次に熱意があったりします。

 

よく見かける銘柄でも、それが出来る経緯は意外なところからあったのかもしれません。

 

そう思うと日本酒の名前一つでも、どうしてその名前なのか考える楽しみがありますね。

ABOUT ME
Sugitama
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 2017年11月 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定) 2019年1月 唎酒師資格取得
隠れた銘酒発見!日本酒定期宅配便「saketaku」
日本酒定期便のsaketakuの画像

全国の数ある日本酒から銘酒を探すため、知名度やラベルは一切関係なし、最終審査ではラベルを隠した状態で鑑定士に選ばれた、”本当に”実力のある日本酒が毎月届くお得な定期便「saketaku」。

月々2,980円〜、大好評のため新規会員は毎月先着150名までなので、気になる方はお早めに。

紹介ページ公式ページ