日本酒紹介

酒米の違いから見るおすすめの日本酒!酒造の個性を引き出せる酒米〜雄町〜

日本酒が好きな人なら”オマチスト”なんて言葉を聞いたことはないでしょうか?

 

岡山県で主に生産される酒造好適米「備前雄町」を使った日本酒が好きな人をオマチストと呼ぶのですが、一時期この言葉が流行る位、雄町好きな日本酒飲みが増えました。

酒米の中でも山田錦の次に有名で、日本酒好きを魅了する深い味わいがとても人気のある酒米です。

 

今回はこの備前雄町を使った日本酒をご紹介します。

 

 

酒米「雄町」の産地とその魅力

 

雄町米(全国農業協同組合連合会 岡山県本部HPより)

 

酒造好適米の「備前雄町」(通称”雄町”)は、酒米の王様「山田錦」と人気を二分する日本酒の酒米の二大巨頭の一角です。

 

主な生産地は岡山県で、その中でも特に岡山県赤磐地区で作られる雄町がブランド酒米として有名です。

赤磐地区の雄町を使って造られた日本酒は、「赤磐雄町」としてわざわざラベル表記して販売するものもあるぐらい価値のある酒米になりました。

 

日本酒を造る多くの酒蔵が山田錦を使って造っていますが、それと同じぐらい雄町を使って日本酒を造る酒蔵も全国的には多く、色々な日本酒銘柄の雄町をよく見かけますね。

 

 

※私の大好きな而今を例に上げました。

こちらでもお勧めしています!

誰でも飲みやすいモダン系日本酒!人気のおすすめランキング

 

ただ、これだけ人気のある雄町ですが、酒米としての特性としては数ある酒米の中で山田錦のように優れているわけではありません。

 

ではなぜ”オマチスト”という言葉で出来るほど雄町を使って造った日本酒は人気が出たのか?

 

その理由は、同じ雄町を使っている日本酒なのに、それぞれで違った多様な個性の日本酒を造ることが出来るというところです。

 

酒米の王様「山田錦」は正当派のストレートな日本酒の美味しさを追求出来る酒米ですが、反面酒蔵による変化が乏しい日本酒でもあります。

 

対照的に、雄町を使うと様々な味の変化を出すことが出来るので、酒蔵によって造りたい味やその蔵の遊び心を表現できるポテンシャルを持った酒米です。

 

日本酒好きになると酒米で選んで日本酒を飲むことがよくありますが、飲食店でもし山田錦と雄町の日本酒が並んでいたら、だいたい味の想像できてしまう山田錦よりも雄町は色々な味を楽しめるという期待から、雄町を選ぶ人が多い傾向にあるようです。

 

雄町の味わい

 

雄町はジューシーな酸味が特徴的ですが、酸味と言っても銘柄によってその感じ方は全然違います。

お米の旨味を感じるよりも前に飲んですぐに来る酸味や、後味の余韻として感じる酸味など、この辺りが「同じ雄町でも蔵によって個性が出る」と言われる所以です。

 

酸味が特徴的な日本酒になりやすい雄町ですが、逆に酸味を出さずに米の旨味を前面に出して香りも抑え目に造られた日本酒は、雄町らしくない雄町なんて言われます。

 

酸味一つ取っても、出し方によって全く違うお酒になるので、万人に美味しいと思って貰える日本酒を造るには難しいかもしれませんが、その銘柄の個性を表現するにはとても適した酒米です。

 

さらに、雄町を使うことでハッキリとした味ではなく少し複雑な味になることが多いので、食事との相性を考える時にあまり白黒ハッキリ分かれることがなく色々なものとお組み合わせを楽しめる銘柄が多いのも特徴です。

 

雄町の日本酒

 

雄町を使った日本酒は全国に多数ありますが、多いのは原産地の岡山県です。

 

雄町の日本酒は、定番品に対しての特別品になることが多いので、大体の酒蔵では定番以外の限定品にしていることが多いです。

 

黒牛【和歌山県】

 

黒牛は主に山田錦を使用していますが、限定品として雄町のお酒を専用のラベルで出荷しています。

 

黒牛は季節のお酒も、新酒とひやおろし以外は目立った物がなく、限定流通の定番品としての山田錦を使った生原酒が根強い人気があります。

 

こうしたしっかりとした基盤があるからこそ、限定品としての雄町が活きてくる銘柄です。

 

 

結【茨城県】

 

雄町に力を入れていると蔵が豪語している珍しい酒蔵です。

 

本醸造から純米大吟醸まで幅広く酒米を使用していますが、結という銘柄の代表はピンクのラベルの備前雄町になります。

 

また2017年新酒鑑評会にて、雄町を使った純米大吟醸が初めて金賞を受賞したことで人気が出ています。

 

結シリーズはこちらの記事でも紹介していますが、それぞれラベルの色もカラフルでプレゼントにもおすすめです。

今勢いのあるおしゃれなおすすめ日本酒 結城酒造〜結(ゆい)〜

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

雄町には他の酒米には無い面白い大会があります。

 

その名も雄町サミットです。

 

日本酒の酒米に着目し、雄町のみを使った日本酒のコンペディションです。

 

実は酒米に着目した大会というのは、今までありそうで無く、この雄町サミットが初ということになります。

年々参加銘柄も増えて、賞を受賞したお酒が宣伝されることも増えてきました。

 

主催が原産地の岡山県ということもあり、今後こうした酒米の大会も増えていけば面白いと思います。

 

是非とも自分の好みの雄町の日本酒を探してみて下さい。

 

 

あわせて読みたい
酒米の違いから見るおすすめの日本酒!酒米の王様〜山田錦〜日本酒は原料となるお米の質が一番重要だとされています。 今では都道府県に固有の酒米があるくらい、色々なお米が日本酒のために品種改良され...

 

ABOUT ME
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 Sugitama 20代・会社員。日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 New! 2017/11/4 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定)
隠れた銘酒発見!日本酒定期宅配便「saketaku」

全国の日本酒約15,000種類以上ありますが、有名銘柄に隠れてしまった地方の銘酒がまだまだあります。

そんな銘酒を探すため、知名度やラベルは一切関係なし、最終審査ではラベルを隠した状態で鑑定士に選ばれた、”本当に”実力のある日本酒が毎月届くお得な定期便「saketaku」。

月々2,980円〜、大好評のため新規会員は毎月先着150名までなので、気になる方はお早めに。

紹介ページ公式ページ