きたしずく

酒米の違いから見るおすすめの日本酒!北海道の期待の新米〜きたしずく〜

 

お米が美味しい米どころは、日本酒も美味しいと言われてきました。

 

新潟や秋田など、食べても飲んでも美味しいお米が取れる日本のお米の一大生産地です。

 

それが近年、気候の変化によって、今までよりも北の北海道でも美味しいお米が取れるようになってきました。

昨今北海道の食用米なども、本州や海外に流通しているようですが、日本酒の命たる酒米も、新しいものが出てきました。

 

それがきたしずくです。

 

北海道三番目の酒造好適米で、徐々に作付け面積も増えています。

今回はこのきたしずくの特徴をご紹介します。

 

 

1. 北海道の酒米

 

北海道三番目の酒米となる、きたしずくですが、他には彗星吟風という酒米が北海道にはあります。

 

簡単に言うなら、彗星はすっきりとした飲み口に、吟風は味わい深い酒米として一般的には認知されています。

 

酒米の名前を前面に押し出して日本酒を作る酒蔵は北海道にはあまりありませんでしたが、数年前に道内の金滴酒造が彗星を使った大吟醸で金賞を取ったことで、彗星や吟風の名前を前に出した日本酒が増えてきたように思えます。

 

きたしずく
岩瀬酒店ブログより】

 

きたしずくは日本酒ブームの後押しというのもあり、大きく「きたしずく」と書いた日本酒ラベルも彗星・吟風に比べて多いような気がします。

 

2. きたしずくの特徴

 

きたしずくのお米の特徴ですが、彗星よりも味わい深く、吟風よりも軽やかな調子で、二つの中間くらいに位置しているのがきたしずくになっています。

 

言ってみれば、彗星と吟風の良いとこ取りのようなイメージです。

 

雄町の系統も持っているので、味濃くを出すような造り方だとお米の味わいが吟風とは違った形で出てくるのも面白いです。

 

また北海道の酒蔵以上に、一早く着目していた本州の酒蔵もあり、北海道の味わいとはまるで違う風味の日本酒も多く造られています。

 

3. きたしずくを使用した日本酒銘柄

 

実は北海道の日本酒では、きたしずくのお酒はまだ多くないのが現状です。

 

とりわけ北海道外の酒蔵の銘柄の方が、例年のラインナップに採用されているものが多々あります。その一部をご紹介します。

 

■ 鍋島純米大吟醸きたしずく(佐賀県)


鍋島 純米大吟醸 きたしずく

 

有名銘柄の一つである鍋島の、きたしずくを40%まで削った純米大吟醸。

 

新しい酒米をいきなり高級酒に使った実験作です。

 

きたしずくの高精米商品は珍しく、有名銘柄が扱えば一気に知名度が上がります。

九州の酒蔵が北海道のお米を使っているというのも面白いですね。

 

■ 姿 きたしずく純米大吟醸無濾過生原酒(栃木県)

姿 無濾過生原酒
加枡屋HPより】

 

早くから北海道のお米を多く使用している日本酒「姿」。

 

季節品に多く北海道の酒米を使用していますが、きたしずくは鍋島同様、高級酒として造られています。

 

きたしずくのラインナップでは、他に生原酒の純米吟醸もあり、爽やかな香りのあるきたしずくの吟醸酒としては他とは一歩進んだ味わいです。

 

 

姿の関連記事

酒米の違いから見るおすすめの日本酒!北海道の期待の新米〜きたしずく〜

お米が美味しい米どころは、日本酒も美味しいと言われてきました。 新潟や秋田など、食べても飲んでも美味しいお米が取れる日本のお米の一大生産地です。 それが近年、気候の変化によって、

コメントなし

日本酒初心者も必見!酒屋さんおすすめの美味しい日本酒8選

「美味しい日本酒はたくさんあるけど、どれから試せばいいかわからない。」 「初めて見る銘柄だけどおいしいのかな?」 あなたも日本酒は好きだけどどれを選べばいいかわからなくなったことはありませんか

コメントなし

日本酒本来の形を表現した日本酒 〜姿(すがた)〜

生まれたままの日本酒と聞いて、どのような日本酒を思い浮かべるでしょうか? 火入れをしていない、生の日本酒が世に出てきて久しいですが、どんな生酒よりも生々しい日本酒が栃木県にあります。 生原酒に

1件のコメント

 

■ 上川大雪酒造(北海道)

 

 

 

全国でも話題の、日本で最も新しい酒蔵です。

 

金滴酒造で日本酒を造っていた杜氏さんが、新たに旗頭となって立ち上げた酒蔵で、上記に挙げた彗星で金賞を取ったという杜氏さんが造っています。

 

2017年現在では極少量が試験醸造という形で北海道の特約店と、東京の一部レストランで試験的に販売・提供されました。

 

使用する酒米は北海道の選りすぐりのお米を使い、全量北海道米で仕込むという徹底ぶりです。

 

その中の一つとして、きたしずくを使ったお酒がありました。

 

今後の北海道の日本酒の一番の注目株です。

 

 

きたしずくはまだまだ練られていない酒米です。

 

産地の北海道でも、本州の酒蔵でも本当の味わいというよりも、お米の目新しさや、その銘柄のブランド力に依存しているように思えます。

 

実際の一例として、日本酒の銘柄や味わいに対して、ほとんど知らないきたしずくの生産者さん達が、自分たちの造ったきたしずくの日本酒を集めて飲み比べたことがあったそうです。

 

その時に一番美味しいと感じたお酒は、有名銘柄である鍋島の純米大吟醸のきたしずくではなかったそうです。

 

日本酒を知れば知るほど、知名度や主観的な評価に左右され、客観的な判断が出来なくなることが多々あります。

 

まだまだ新しい酒米が、これまで産地以外で使われていることも珍しいです。

 

ですが新しい故に評価が曖昧なところがあり、造りもお米に合っているかどうかは定かではありません。

本当に自信を持って美味しいきたしずくの日本酒と言えるものが出てくるのはまだまだ先の事だと思います。

 

それでも注目されている酒米なので、見かけた場合は是非試して見て下さい。

 

きたしずくを使った日本酒の関連記事

酒米の違いから見るおすすめの日本酒!北海道の期待の新米〜きたしずく〜

お米が美味しい米どころは、日本酒も美味しいと言われてきました。 新潟や秋田など、食べても飲んでも美味しいお米が取れる日本のお米の一大生産地です。 それが近年、気候の変化によって、

コメントなし

ABOUT ME
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 Sugitama 20代・会社員。日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 New! 2017/11/4 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定)
おにぎり屋さんから生まれた「糀の甘酒」

甘くて飲むと体中からほっこりと温めてくれる甘酒は、美容効果として女性や健康志向な人にとても注目されている飲み物で、「飲む点滴」なんて言い方もします。
 

そんな注目の甘酒の中でも、おにぎり屋と酒蔵と糀屋と味噌蔵が手を組んだちょっと変わった甘酒屋さん、古町糀製造所の「糀の甘酒」は、確かな味と飽きのこないように工夫された様々な味の甘酒があり、健康な生活を美味しくサポートしてくれます。

詳細ページ公式ページ