美容・健康

芸能人も驚きの美容効果!女性に嬉しい日本酒の美容効果と実践法

 

酒は百薬の長と言われますが、日本酒は美容の長でもあります。

 

日本酒の美容効果とケアの方法についてまとめてみました。

今日にでも実行できる美容方法なので、気になった人は是非試してみてください。

 

 

1. 発酵食品だから体にも良い!

 

日本酒に含まれる麹菌は美容効果に良いと最近見直されました。

 

麹菌はコウジカビを中心とした微生物をお米や大豆などの穀物に繁殖させて作るものです。

例えばお米に繁殖させた場合は米麹が出来上がります。

 

米麹を使われたものは日本酒、黒麹菌は泡盛、白麹菌は焼酎に、どんなお酒にもこの麹菌というのは含まれています。

 

発酵食品が体に良いというのは誰しも知っていると思います。

 

たとえば乳酸菌を含むヨーグルトや、納豆菌の納豆、麹菌の味噌や醤油···

 

発酵食品は菌の力で食品の腐敗を防止するだけでなく、ビタミンを増やしそれを吸収しやすいものにします。

 

カロリーも控えめで健康的な食事は海外で注目を浴び、日本食はヘルシーフードとして人気があります。

 

 

2. 麹菌の働き

 

■ 美白効果

 

抗酸化作用のある麹菌シミ・そばかすの形成を抑えて軽減させる効果があります。

 

■ アンチエイジング効果

 

活性酸素は体のサビと言われ、シミやたるみなどの老化を促す成分です。

 

麹菌には抗炎症作用というものがあり、肌などを炎症で生成される活性酸素を防止する効果があります。

 

 

日本酒作りをしている職人さんを見たある人が、なぜあんな肌にハリがあって手は白くて綺麗なのか?と疑問に思ったことから研究されました。

 

日々日本酒の味を見たり手で丹念に混ぜ合わせたり、日常的に麹菌に触れている職人さんだからこそ、その綺麗さがあるのですね。

 

日本酒を飲むだけでもこういった効果が得られますが、特によいのは「甘酒」です。

甘酒は米麹と水だけで作るのでたくさんの麹菌が含まれています。

 

またそれだけでなく日本酒だと冷酒で飲むことが多く体を冷やしてしまいますが、温かい甘酒は体を温め血行を良くする効果もあるので冷え性やむくみ解消にも最適な飲み物です。

 

甘酒についてもっと詳しいことは「今女性にも大人気!「甘酒」の健康・美容効果について徹底解説」をご覧ください。

 

あわせて読みたい
今女性にも大人気!「甘酒」の健康・美容効果について徹底解説 今少しずつ話題になっている「甘酒」。 スーパーで見かける日も多くなってきましたが、甘酒って何?と思っている方も多い...

 

 

2. 女優さんもやっている「日本酒風呂」

 

日本酒風呂

名前の通りですが、お風呂に日本酒を足したものを日本酒風呂と言い、藤原紀香さん・長澤まさみさんも日々行っている美容方法です。

 

やり方は簡単です!

 

38℃の少しぬるめのお湯にコップ12杯(約300400ml)の日本酒を入れるだけです。

 

入れる日本酒は純米酒を選びましょう。

醸造アルコールの含まれている日本酒でも悪くはないのですが、純粋に自然由来の物だけで作られている純米酒がオススメです。

 

アルコールの弱い人は温かい湯に日本酒を入れると多少香りが立ち上るので匂いで酔ってしまう可能性があります。

量を減らすか、半身浴にして半分の量にしても効果はバッチリです。

自分の体質に合わせて調整しましょう。

 

また日本酒には他のお酒以上に体を温める保温効果があります。

日本酒風呂に入ることで肌に日本酒の膜を貼り、お風呂上りも長くポカポカとしっとりした状態が続きます。

 

日本酒を飲んで内部から摂取するもの良いですが、外部から摂取するものオススメです。

 

3. 日本酒を使用した美容ケア

 

昔の人は日本酒を直に肌に塗って化粧水のように使っていたようです。

直接塗ることで肌へダイレクトにしみ込み即効性があると言われています。

 

それをそのまま実行してもいいのですが、今では機械技術や研究が進みもっと良い方法がたくさんあります。

 

ドラッグストアへ行けば日本酒を使ったパックや化粧品が売っていますが、自宅でも作ることができます。

 

■ 日本酒パック

 

アルコールを飛ばす為に電子レンジで温めてから肌にたっぷり塗る、コットンにしみ込ませ肌に乗せて数分放置しておく

 

■ 日本酒化粧水

 

日本酒:精製水を1:2の割合で配合。

2週間ほどで使い切るようにして、余ったものは無理に使わずに捨てて新しいものをまた作りましょう。

 

これだけです。

 

どちらも少し日本酒の香りがするので、外出時は避けて寝る前などに試してみてください。

 

アルコールに弱い人、肌が弱い人は日本酒の量を調整するか、自家製に頼らず市販のものを買って使用してください。

 

日本酒を使ったスキンケアはずばり日本酒を使ってもいいのですが、一般的には少しハードルが高い気がしますよね。

 

最近では日本酒の美容効果だけをうまく活用するために、日本酒を配合したお手軽なスキンケア商品なども増えてきていますので、それを使用するのもおすすめです。

参考:美容効果に大注目の日本酒!日本酒を使ったスキンケア用品

 

 

4. 日本酒の効果をより高める食べ合わせ

 

 

日本酒は飲むだけでも効果がありますが、お酒を飲む場でちょっとした工夫をすると更に美容・健康に効果があります。

 

外食するとから揚げやフライドポテトなどの油ものが多かったり、シメにラーメンを食べてしまったり···

お酒だけで太ることあまりないのに、食べ合わせで太ってしまうことがあります。

 

無理して低カロリーのものを食べる必要はありませんが、少し工夫をしてみましょう。

 

覚えておくといいのが「発酵食品」と合わせる、ということです。

 

同じ発酵食品は相性が良く体内への吸収がより加速します。普段食べるものに一品足すだけでも効果はあります。

 

例えば「ぬか漬け」は麹を使っていますし頼んですぐに提供される一品料理でもありオススメです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

日本酒の美容効果が世間に広まり、日本酒を飲む女性も増えてきました。

飲みながら綺麗になれるなんてお酒好きの女性にとっては最高の飲み物ですね。

 

とは言え飲み過ぎには注意です!適量を守り、休肝日もしっかりと作って日本酒を楽しみましょう。

 

飲まない日は代わりに日本酒風呂やパックでケアするのもいいですね。

 

是非試してみてください。

 

 

おまけ:お風呂でくつろぐグッズ

 

日本酒風呂で芸能人の仲間入り。

日本酒風呂で温まりながらゆっくり過ごすのに、ブックスタンドはいかがですか?




<美容やダイエットと日本酒に関連する記事>

 

日本酒の主原料「米麹」〜発酵食品と日本酒〜

あわせて読みたい
日本酒の主原料「米麹」〜発酵食品と日本酒〜 日本酒の主原料は、水と米麹。 そもそも麹とは、米麹とは何なのか、麹はどんな働きをし、私たちの身体、健康にとっていかに有益か...

 

自宅で作るレシピ〜米麹のつくりかた〜

あわせて読みたい
自宅で作るレシピ〜米麹のつくりかた〜 日本酒の原料となる米麹は、スーパーマーケットなどで簡単に入手することもできますが、実は家庭でも手作りすることもできます。 ...

 

日本酒に合うヘルシーなおつまみ3選

あわせて読みたい
日本酒に合うヘルシーなおつまみ3選 お酒の席に欠かせない「おつまみ」ですが、ついアルコールが入ると唐揚げや串カツ、天ぷらなどこってりとした濃い味の料理を食べたくなり...

 

まだまだあった!日本酒と相性抜群な低カロリーでヘルシーなおつまみ3選

あわせて読みたい
まだまだあった!日本酒と相性抜群な低カロリーでヘルシーなおつまみ3選日本酒を美味しく頂くために欠かせないおつまみといえば、唐揚げや串カツなどのこってり系やフライドポテトのようなしょっぱい系、麻婆豆腐や麻婆...
ABOUT ME
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 Sugitama 20代・会社員。日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 New! 2017/11/4 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定)
おにぎり屋さんから生まれた「糀の甘酒」

甘くて飲むと体中からほっこりと温めてくれる甘酒は、美容効果として女性や健康志向な人にとても注目されている飲み物で、「飲む点滴」なんて言い方もします。
 

そんな注目の甘酒の中でも、おにぎり屋と酒蔵と糀屋と味噌蔵が手を組んだちょっと変わった甘酒屋さん、古町糀製造所の「糀の甘酒」は、確かな味と飽きのこないように工夫された様々な味の甘酒があり、健康な生活を美味しくサポートしてくれます。

詳細ページ公式ページ