日本酒紹介

秋田県で最古の酒蔵が造る日本酒 伝統の銘酒〜飛良泉(ひらいずみ)〜


米どころ秋田県。

 

そんな秋田県には、秋田県で最古・日本で三番目に古い日本酒の酒蔵があるのはご存知でしょうか。

 

そんな酒蔵が造る名酒飛良泉(ひらいずみ)を紹介します。

 

 

1. 代表銘柄「飛良泉(ひらいずみ)」

 

代表銘柄「飛良泉」は秋田県のにかほ市にあります。

 

にかほ市にある平沢漁港にほど近い場所にあるのが、飛良泉本舗なのですが、当初は「ひらわさのいづみ屋の酒」として名付けられました。

 

この看板銘酒誕生には面白い話があります。

 

増田九木(ますだきゅうぼく)という画家が、良寛和尚に宛てた手紙に「飛び切り良い、白い水」というとんちのきいた名言を書き残しました。

 

それは、「飛」と「良」を並べる「ひら」は平沢にかけた言葉、そして「白」と「水」は上下に並べると「泉」。

 

当主が「泉州出身」であるという意味合いもあり、この九木の手紙から噂を呼び、銘酒「飛良泉」が誕生したと言われています。

 

さて、この飛良泉は酸味が強いことが特徴です。

 

そこから「大吟醸室町蔵」をおすすめします。

 

 

 

香り良く、寒造りの技が冴えたキレのある味わいが特徴の辛口

後味も爽やかで飲み口もすっきりとしています。

 

冷やで飲まれることを特におすすめします。

2. 酒造について

 

飛良泉本舗
秋田日本酒市場より】

 

長享元年(1487・室町時代中期)に秋田県にて創業した飛良泉は、秋田県最古の酒蔵です。日本酒の蔵元としては、全国で3番目に古い酒蔵でもあります。

 

元々は廻船問屋で、酒造りは副業としていましたが、明治初期より本業としています。

 

 

飛良泉本舗
飛良泉本舗HPより】

 

飛良泉といえば「山廃仕込み」であり、現在もその手法を守り続けています。

 

正しくは、「山卸廃止仕込」といい、昔ながらの酒母製造方法です。

 

じっくりと熟成させることが基本で、手間ひまを惜しまず、愛情を込めて行っています。

 

<仕込み水>

 

鳥海山系伏流水を仕込み水としており、飛良泉の山廃仕込みに適した水でもあります。

五百年以上に渡って使われてきた、由緒正しき井戸水が現在でも飛良泉本舗に湧き出ています。

 

3. さいごに

 

原料米ひとつにとっても、山廃仕込では米の個性や収穫状態も事細かに調べていく必要が有り、そういった手間を惜しんでしまうと酒母の変化を読み取れず、失敗することもあるそうです。

 

そのため、原料米の選定はもちろんのこと、吟味ではその特性を生かした酒質の研究をされています。

 

ひとつひとつに手間を愛情を込められた、本当の手造の酒蔵がここ飛良泉本舗です。

 

ぜひ、秋田の飛良泉本舗へ歴史と美酒に酔いしれに行かれてはいかがでしょうか。

 

【株式会社飛良泉本舗】

秋田県にかほ市澤字中町59番地

TEL(0184)35-2031

参考:株式会社飛良泉本舗(http://www.hiraizumi.co.jp/

   秋田日本酒市場(http://www.akitanosake.net/hiraizumi.php

   日本の心酒地酒蔵元会(http://www.kuramotokai.com/kikou/12

ABOUT ME
Sugitama
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 2017年11月 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定) 2019年1月 唎酒師資格取得
隠れた銘酒発見!日本酒定期宅配便「saketaku」
日本酒定期便のsaketakuの画像

全国の数ある日本酒から銘酒を探すため、知名度やラベルは一切関係なし、最終審査ではラベルを隠した状態で鑑定士に選ばれた、”本当に”実力のある日本酒が毎月届くお得な定期便「saketaku」。

月々2,980円〜、大好評のため新規会員は毎月先着150名までなので、気になる方はお早めに。

紹介ページ公式ページ