おすすめの飲み方

北海道産の米にこだわり 北海道に根ざした日本酒〜大雪乃蔵〜

 

北海道のほぼ中央に位置する旭川。

 

昔から「北の灘」と称され、品質の良い酒造りを行ってきました。

現在、旭川にあるおすすめの日本酒の中から大雪乃蔵(たいせつのくら)をご紹介します。

 

 

1. 代表銘柄「大雪乃蔵(たいせつのくら)」

 

大雪乃蔵 純米
オエノングループHPより】

 

大雪乃蔵は、平成4年に清酒販売を開始した合同酒精の看板銘柄です。

 

北海道産の酒造好適米にこだわり、大雪山系の清冽な名水を使い、北海道で醸造された北海道の地酒です。

 

すっきり冴えたキレのある味わいは、一度お試しいただきたい日本酒です。

 

その中から、「純米吟醸 大雪乃蔵 絹雪」をおすすめします。

 

大雪乃蔵 絹艶
オエノングループHPより】

 

北海道産酒造好適米吟風を精米歩合50%まで磨き、低温で仕込んだこの純米吟醸酒は、名前の通り絹のごとく透きとおったなめらかさと、さりげない優雅な香りが特徴のやや辛口の日本酒です。

 

おすすめの飲み方は、冷やです。

常温でも美味しくお飲みいただけますが、ぜひ冷やでお飲みください。

 

2. 酒造について

 

大正13年に旭川にて合同酒精は設立されました。

 

合同酒精株式会社と聞くと、「焼酎」を浮かべる方が多いのではないでしょうか。

 

もともとは日本酒も製造しており、同社の旭川工場で「(旭川工場の)特徴」を活かした大雪乃蔵を造っています。

 

小樽にあった北海道有数の種類卸「北の誉酒造(当時は野口本店)」は、旧合同酒精創立時には発起人として加わっていましたが、2007年にオエノンホールディングス(合同酒精株式会社の持株会社)傘下となり、2015年に惜しまれながら北の誉小樽工場は廃止となりました。

 

そんな歴史もある合同酒精ですが、「本当にうまい北海道ならではの地酒を」という想いから、北海道産米を100%使用した地酒造りをおこなっています。

 

また、合同酒精では酒造りの重要工程をオートメーション化し、最適な温度や湿度管理、衛生管理をしています。

 

季節に関係なく、常に高いレベルで均一な質を保つことを実現し、安定して生産することができます。

 

最新機械と高い技術力で、北海道に根ざした北海道の地酒造りをしています。

 

3. さいごに

 

合同酒精は、20173月より「大雪乃蔵」4品種のパッケージデザイン(ラベル)をリニューアルし、同中旬より全国で発売しました。

 

パッケージリニューアル
オエノングループHPより】

 

ラベルには、北海道大雪山系の山々を描き、自然をイメージさせるデザインへ変更しました。

 

平成24年酒造年度全国新酒監評会では金賞を受賞しています。

 

数量限定酒や季節限定酒も北海道産にこだわり、地域に根ざした本物の地酒造りを続けている酒造の「大雪乃蔵」をぜひご賞味ください。

 

【合同酒精株式会社】

北海道旭川市南420丁目1955番地

TEL(0166)31-4131

参考:合同酒精株式会社(http://www.oenon.jp/product/sake/taisetsunokura/

   旭川酒販協同組合(http://www.asahikawa-kyodo-sake.com/

   北海道酒造組合(http://www.hokkaido-sake.or.jp/

ABOUT ME
Sugitama
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 2017年11月 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定) 2019年1月 唎酒師資格取得
麹を造り続けて110年!お味噌屋さんの峰村醸造のあまざけ

糀(こうじ)の甘酒は必須アミノ酸と豊富なビタミンを含んでおり「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価に優れた発酵飲料です。

味噌屋のあまざけは旨みが強くなってしまいますが、峯村醸造さん独自の配合で飲みやすくしあげられています。

ノンアルコール、砂糖不使用でお子様でも飲めるのでご家族で楽しんでください。