日本酒紹介

【おすすめ日本酒コレクション】獺祭 純米大吟醸50

日本酒をよく知る人も、ほとんど知らない人でも知っている日本酒の代名詞にもなった「獺祭(だっさい)」は山口県の旭酒造株式会社で作られています。

 

”だっさい”という漢字がとても難しいですよね。

 

日本酒を知らなければ絶対使わない漢字です。

 

 

獺祭は山田錦しか使用しない、大吟醸だけというとても贅沢なこだわりを持った日本酒です。

磨きの技術が高く、通常3割あたりまでが限界と言われている中で精米歩合が2割3分まで可能なのは獺祭だけです。

 

価格としては今回飲んだ「純米大吟醸50」はまだリーズナブルな一本です。

 

 

 

 

獺祭 純米大吟醸50の味は?

 

やや辛口の日本酒で透き通るようなすっきりした飲み口です。

 

最初口に入ってすっきり辛口を感じた後、そのまますーっと綺麗に消えていく飲みやすさ。

 

冷やして飲むと綺麗な日本酒、少し温まって常温に近づいてくるとどんどんまろやかになり、米本来の甘味が口のなかに広がるので、フルーティーな香りも楽しめます。

 

万人に人気なのは納得の飲みやすさです。

 

 

セルフ飲み放題がおすすめの十八代光蔵さんでいただきました。)
 

【公式サイト】

https://www.asahishuzo.ne.jp/

 

【日本酒情報】

精米歩合:50%

アルコール分:16度

 


獺祭(だっさい) 純米大吟醸50 1800ml

 

<関連記事>

酒米の違いから見るおすすめの日本酒!酒米の王様〜山田錦〜

酒米の違いから見るおすすめの日本酒!酒米の王様〜山田錦〜日本酒は原料となるお米の質が一番重要だとされています。 今では都道府県に固有の酒米があるくらい、色々なお米が日本酒のために品種改良され...
ABOUT ME
Sugitama
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 2017年11月 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定) 2019年1月 唎酒師資格取得
隠れた銘酒発見!日本酒定期宅配便「saketaku」
日本酒定期便のsaketakuの画像

全国の数ある日本酒から銘酒を探すため、知名度やラベルは一切関係なし、最終審査ではラベルを隠した状態で鑑定士に選ばれた、”本当に”実力のある日本酒が毎月届くお得な定期便「saketaku」。

月々2,980円〜、大好評のため新規会員は毎月先着150名までなので、気になる方はお早めに。

紹介ページ公式ページ