日本酒に合うおつまみ

日本酒と相性抜群なコンビニで買える絶品おつまみ特集【手軽で便利でおいしい】

「残業で帰宅が遅くなってしまったけど、まったりと晩酌を楽しみたいな」

「家族や友達と家でワイワイとお酒を飲んでいたら、おつまみが切れてしまった」

 

こんなときにとても便利なのが24時間365日営業しているコンビニです。

 

最近のコンビニには、お弁当やおにぎり、パンなどの食品の他に日本酒やワインなどのアルコール類やお酒のおつまみとなる食品などもたくさん置いてありますので、晩酌や宅飲みをしたいときに利用される方も大勢います。

 

その一方で、数ある食品の中からどの食品が日本酒に合うのかと悩んでしまい、なかなか決まらないという方もたくさんいます。

 

そこで、今回は日本酒と相性抜群なコンビニで買える絶品おつまみをご紹介します。

 

 

キムチ

日本酒コンビニおつまみキムチ

 

お手頃な価格とほどよい量で人気を集めているコンビニおつまみ「キムチ」は、植物性乳酸菌が豊富に含まれており、腸内環境を整えて体内から老廃物を取り除く働きがあります。

 

そのため、野菜や漬物の代わりとして日本酒のおつまみに利用する方もたくさんいます。

 

キムチは単体でも十分に日本酒のおつまみとして美味しく頂くことができるのですが、よりキムチの効果を高めるために海藻類や魚類の缶詰と組み合わせて頂くのがオススメです。

 

特にオススメなのが「わかめともやしのキムチ和え」と「キムチたっぷりサバ缶チゲ」です。

 

材料さえ揃っていれば、誰でもパパッと簡単に作ることができますので、この機会に挑戦されてみてはいかがでしょうか。

 

枝豆

日本酒おつまみコンビニ枝豆

 

日本酒のおつまみとして高い人気を誇る「枝豆」には、二日酔い予防に効果が期待できる「メチオニン」や体内の塩分濃度を調節してくれるミネラル「カリウム」などが豊富に含まれています。

 

よく生の枝豆を茹でて食べると効果的と言われていますが、実際は冷凍枝豆でも生の枝豆と同様の効果や効能が得られますので、二日酔い対策としてコンビニで冷凍枝豆を購入されてるのもオススメです。

 

ダイエット中の方にもおすすめの枝豆はこちらの記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
日本酒に合うヘルシーなおつまみ3選 お酒の席に欠かせない「おつまみ」ですが、ついアルコールが入ると唐揚げや串カツ、天ぷらなどこってりとした濃い味の料理を食べたくなり...

 

ですが、いつも塩茹でした枝豆を日本酒のおつまみとして頂くばかりでは、正直飽きてしまいますよね。

 

もし、塩茹で枝豆に飽きてしまったら「蒸し焼き枝豆」や「ガーリック枝豆チリソース仕立て」などで頂くのはいかがでしょうか。

 

「蒸し焼き枝豆」とは、フライパンを使って蒸し焼きにした枝豆のことです。

フライパンで蒸し焼きにした分、枝豆に含まれる余分な水分が飛び、香ばしさと枝豆本来の旨味や甘味を最大限引き立たせることができます。

 

一方、「ガーリック枝豆チリソース仕立て」とは、アメリカ・ハワイ州で大人気の枝豆料理であり、「ハワイアン・ガーリック枝豆」と呼ばれ、塩味とは違ったガーリックフレーバーの枝豆として日本でも20代から30代の男女を中心に話題となっています。

 

パンチの利いたニンニクと唐辛子の辛味が枝豆の塩気と絶妙にマッチしたガーリック枝豆ですが、唐辛子の代わりにスイートチリソースを加えることで、より酒がすすむようになります。

 

どちらの枝豆料理もコンビニで購入することができる冷凍枝豆を使うことで簡単に作ることができますので、材料を買い揃えて作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ビーフジャーキー

 

日本酒などのお酒を飲むと塩気の利いたおつまみが食べたくなる方も多いのではないでしょうか。

 

そんなあなたにオススメなのが「ビーフジャーキー」です。

 

ビーフジャーキーとは、脂肪分の少ない牛肉の赤身を薄くカットして、調味料や香味野菜などで作った特製ダレに漬け込んだ後、天日に干して燻製にした加工食品です。

 

ビーフジャーキーは、もともとアメリカの先住民族であるインディアンがバッファローを狩った際、肉を持ち運びやすいように干し肉や燻製にしたりしたのが始まりだと言われています。

1960年代にアメリカで商品化されて以降、保存食として世界各地で食べられるようになり、今ではアメリカ土産の定番となっています。

 

ビーフジャーキーには、ビタミンB12や亜鉛などの栄養素が豊富に含まれており、ビーフジャーキー20gを5枚食べることで1日に必要なビタミンB12の推奨摂取量を満たすことができ、亜鉛は推奨摂取量の25%を補うことができます。

 

さらに、ビーフジャーキーは適度な塩加減と噛めば噛むほど牛肉の旨味が染み出てきますので、日本酒のおつまみとしても人気があります。

 

ただし、ビーフジャーキーを食べる際の注意点があります。

 

・ビーフジャーキーには塩分が豊富に含まれているので食べ過ぎないこと

・健康を害する危険な添加物が使用されているので無添加のビーフジャーキーを食べること

 

以上、2点に注意しながら食べるようにしましょう。

 

 

鶏肉

日本酒おつまみコンビニ鶏肉

 

日本酒やワインなどのお酒のおつまみとして、コンビニで味付けされた鶏肉を購入される方も大勢います。

 

鶏肉は牛肉や豚肉よりも部位ごとに好みが分かれやすいお肉として知られていますが、現在日本国内で販売されている肉類のなかでは比較的お手頃な価格で購入できると主婦のあいだで話題を集めている人気のお肉でもあります。

 

そんなお手頃な価格で購入することができる鶏肉ですが、実は牛肉や豚肉に負けないほど栄養価の高いお肉だということをご存知でしたか。

鶏肉に含まれる栄養素

・たんぱく質

・コラーゲン

・メチオニン

・ナイアシン

 

栄養素が豊富に含まれており、特に鶏肉に含まれている「メチオニン」という成分は、枝豆などにも含まれている二日酔い予防に効果的な含まれていますので、お肉を食べて二日酔い予防をしたいとお考えの方にとっては、鶏肉は理想的なおつまみと言えるでしょう。

 

最近大人気のセブンイレブンのサラダチキンは、ハーブが効いていて香りが良く、それでいて低カロリー、低脂質、高タンパクとダイエットにも最適なおつまみです。

セブンプレミアム サラダチキン(ハーブ)

 

 

いかがでしたか?

 

今回ご紹介させて頂いたおつまみの他にも、コンビニには豆腐や缶詰、梅干し、チーズといった日本酒に合う食品がたくさんありますので、お家にある日本酒の銘柄や種類に合わせて選んだり、食品を組み合わせて新しいおつまみを考案されるのもオススメです。

 

自宅でまったりと晩酌を楽しみたい方や宅飲み中におつまみが切れてしまった方は、最寄りのコンビニへと足を運び、楽しいお酒の時間を過ごされてみてはいかがでしょうか。

 

コンビニのおつまみもとてもリーズナブルなものが多いですが、さらに節約したい方には100円おつまみについてまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

 

あわせて読みたい
節約中の方必見!100円で買える日本酒とよく合うおつまみを大公開! 「友達に一緒に飲もうと誘われたけど、今月厳しいんだよな」 「たまには夫が大好きな日本酒を用意して、労をねぎらいたいのだけれ...

 

ABOUT ME
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 Sugitama 20代・会社員。日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 New! 2017/11/4 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定)
隠れた銘酒発見!日本酒定期宅配便「saketaku」

全国の日本酒約15,000種類以上ありますが、有名銘柄に隠れてしまった地方の銘酒がまだまだあります。

そんな銘酒を探すため、知名度やラベルは一切関係なし、最終審査ではラベルを隠した状態で鑑定士に選ばれた、”本当に”実力のある日本酒が毎月届くお得な定期便「saketaku」。

月々2,980円〜、大好評のため新規会員は毎月先着150名までなので、気になる方はお早めに。

紹介ページ公式ページ