おすすめの飲み方

ニセコ連峰から湧き出る雪清水からなる日本酒〜二世古(ニセコ)〜

上質な雪に恵まれた豪雪地帯の倶知安町(くっちゃんちょう)。

 

世界各国からスキーヤーが訪れる国際色豊な町で造られている地酒があります。

 

醸造期間は冬だけのお酒、二世古(にせこ)をご紹介します。

 

 

1. 代表銘柄「二世古(にせこ)」

 

「二世古」は、北海道で美味しい水と言われているニセコ山系の雪清水と、羊蹄山からの噴出し湧水を使い造られています。

 

製造量が少ないため、見かけたことのある方は少ないであろうお酒です。

 

その中のひとつ二世古純米吟醸彗星生酒をオススメします。

 

にせこ純米彗星
さくらもと商店より】

 

北海道酒造好適米「彗星」を使い醸された純米吟醸酒です。

穏やかなバナナのような香り程よい旨味のあるお酒。

 

淡麗中辛口、食中酒としてもあわせやすく、冷やで飲まれることをオススメします。

 

2. 酒造について

にせこ酒造
後志総合振興局より】

 

二世古を造る有限会社二世古酒造は、大正5年に倶知安町にて創業しました。

 

「加水調整をしない原酒」・「水」・「空気」・「環境」にこだわる酒蔵です。

 

また、醸造期間は冬のみで、12月から3月の住んだ空気の中で、たっぷりと醸造期間をかけて芳醇なお酒に仕上げています。

 

<仕込水>

羊蹄山
二世古酒造HPより】

 

ニセコワイス山系の雪清水と羊蹄山からの「噴出し湧水」を使用しています。

 

気候風土が影響し、美味しい水が作られ、美味しいお酒となります。

 

ニセコに行かれる機会がありましたら、ぜひ「噴出し公園」を訪れてみてください。

湧き出る水から、北海道の自然の恵みを感じることでしょう。

 

そんな水が、酒母造りともろみの発酵に使われています。

 

<原料米>

 

深川産の吟風、今金産の彗星、吟風、共和町産の初雫等、北海道産の酒造好適米を多数使用しています。

 

3. さいごに

 

「ニセコの地酒」というと、あまり良い印象を浮かばれない方が少なくないと思われますが、現在の杜氏が造るお酒は昔とは違う二世古です。

 

これまでのイメージしかもたれていない方に、ぜひ再度飲んでいただきたいお酒であり、初めての方には「こんなお酒が造られているんだ」という気持ちを持っていただけるようなお酒でもあります。

 

2011には、札幌国税局新酒鑑評会の純米酒部門で金賞受賞

 

受賞した際のお酒に使用した原料米は、今金産の彗星を使用しています。

 

また、翌年2012にも同じく今金産の彗星を使用したお酒で、純米酒部門にて金賞受賞をしています。それだけ努力をしてきている酒造でもあります。

 

現在の杜氏が造る日本酒は、ほとんどが道内でしか流通していません。

 

それも、少量生産のため、見かける機会が少ない日本酒でもあります。

見かけた際にはぜひお試しいただきたいお酒です。

 

有限会社二世古酒造

北海道虻田郡倶知安町字旭47番地

TEL(0136)22-1040

 

参考:有限会社二世古酒造(http://nisekoshuzo.com/

   北海道酒造組合(http://www.hokkaido-sake.or.jp/

ABOUT ME
Sugitama
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 2017年11月 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定) 2019年1月 唎酒師資格取得
麹を造り続けて110年!お味噌屋さんの峰村醸造のあまざけ

糀(こうじ)の甘酒は必須アミノ酸と豊富なビタミンを含んでおり「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価に優れた発酵飲料です。

味噌屋のあまざけは旨みが強くなってしまいますが、峯村醸造さん独自の配合で飲みやすくしあげられています。

ノンアルコール、砂糖不使用でお子様でも飲めるのでご家族で楽しんでください。