おすすめの飲み方

本格な神の山の恵みからなるおすすめ日本酒〜金滴(きんてき)〜

 

西に神の山「ピンネシリ」、東に北海道の母なる川「石狩川」、その両山河の懐に抱かれている酒造で造られる地酒があります。

 

そこで造られているのが金滴(きんてき)

 

灘、伏見の酒にも勝る酒として愛好されている地酒をご紹介します。

 

 

1. 代表銘柄「金滴(きんてき)」

 

良い米と良い水を使い、造られる金滴。

 

それらは、真綿のようにやわらかく、ふわりと浮くように体を流れて、ほのかに甘い余韻をのどに残していく日本酒です。

 

金滴の名前は、当時の専務が近くを流れる砂金川の水を飲もうとして、手からこぼれ落ちる水を見ながら「金の流れの滴」ということから金滴と思いつき、これを商標としました。

 

そんな金滴のラインナップからオススメするのが「純米大吟醸金滴」です。

 

純米大吟醸金滴
金滴酒造Facebookより】

 

コンセプトは「米と米麹だけで醸し上げた純米大吟醸」。

そのコンセプト通り純米ならではの、ふくらみのある豊かな味わいと、吟醸のフルーティーな香りの芳醇甘口の純米大吟醸酒です。

 

ロック、冷や、常温とお楽しみいただけます。

 

<仕込水>

 

ピンネシリ山系に源を発する、雪清水が流れをつくる「徳富川(とっぷがわ)」の伏流水をくんで使用しています。

この徳富川は酒造のすぐ近くを流れています。

 

<原料米>

 

北海道産の酒造好適米を厳選して使用。

また、新十津川町(しんとつかわちょう)では酒造好適米を生産しており、吟風や彗星等を使ったお酒造りもしています。

 

2. 酒造について

金滴酒造
金滴酒造株式会社HPより】

 

金滴酒造の歴史は、酒造のある新十津川村に建設したことから始まります。

 

始まりは奈良県吉野郡十津川村であり、大水害により全村が全滅。

 

北海道への移住を決意し、新十津川村を建設しました。

原始林の開墾や冬の寒さ等、想像を絶する困難さでした。

 

「おどれな くらう おどれら つくろうら(※俺たちの呑む酒は俺たちで繕うではないかの意)」の発案により共同で酒造りを始め、明治39年に「新十津川酒造株式会社」を設立しました。

 

昭和26年に現在の社名金滴酒造株式会社と改称しました。

 

3. 最後に

 

金滴酒造では、「北海道新幹線開業記念ラベルワンカップ」の製造販売をしています。

 

20163月に北海道新幹線が函館開業となり、その記念ラベルのワンカップとなります。

 

原料米は新十津川産酒造好適米吟風をメインとし、空知産の酒造好適米を多く使用しています。

豊かな旨味とコク、飲み口スッキリのキレの良いお酒です。

 

また、今年「世界が憧れる日本酒78」で、金滴酒造が紹介されています。

 

丁寧な仕事と、北海道の大自然に恵まれて醸造されるお酒を、ぜひご賞味ください。

 

金滴酒造株式会社

北海道樺戸郡新十津川町字中央71

TEL(012576-2341

 

参考:金滴酒造株式会社(http://www.kinteki.co.jp/

   北海道酒造組合(http://www.hokkaido-sake.or.jp/

ABOUT ME
Sugitama
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 2017年11月 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定) 2019年1月 唎酒師資格取得
麹を造り続けて110年!お味噌屋さんの峰村醸造のあまざけ

糀(こうじ)の甘酒は必須アミノ酸と豊富なビタミンを含んでおり「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価に優れた発酵飲料です。

味噌屋のあまざけは旨みが強くなってしまいますが、峯村醸造さん独自の配合で飲みやすくしあげられています。

ノンアルコール、砂糖不使用でお子様でも飲めるのでご家族で楽しんでください。