日本酒紹介

日本の最東端・根室が誇るおすすめの日本酒〜北の勝(きたのかつ)〜

 

花咲がにで有名な根室市。

 

日本の最東端にあるこの街に、美酒があります。

 

日本酒通には有名な毎年1月に限定発売される「搾りたて」が入手困難なことでも有名な、北の勝を紹介します。

 

 

代表銘柄「北の勝(きたのかつ)」

 

根室は、四季の移り変わりがはっきりしており、空気も透き通っています。

 

安定した気候風土と自然に恵まれた環境のもとで造られた北の勝は、芳醇でデリケートな味わいの日本酒と言われます。

 

すっきりとして綺麗な味わいの北の勝は、淡麗辛口の日本酒です。

 

その北の勝から季節限定「北の勝吟醸」をおすすめします。

 

北の勝
北海道ニュースリンクより】

 

程よい吟醸香で、口当たりの良い、辛口の日本酒です。

 

原料米には、秋田県の美山錦と富山県の五百万石を使用し、精米歩合は55%。飲み方は特に冷やをおすすめします。

 

酒造について

 

碓氷
碓氷勝三郎商店HPより】

 

北の勝を醸造する碓氷勝三郎商店は、法人格をもたない個人商店です。

 

代表銘柄「北の勝」は、明治20年に誕生しました。

 

初代碓氷勝三郎は、新潟県の出身です。

 

日本酒は決して安いものではなく、値の張る本州産に対抗するべく「地場で安くうまい酒を」と酒造りを始めました。

 

オホーツク海がひろがり、空気がすきとおっていること、四季の移り変わりがはっきりとしていることなど、酒造りで第一に求められる安定した気候風土をしっかりと満たしている、風光明媚な根室市。

 

自然に恵まれた環境と、酒造りの基本に徹した伝統の技術が生み出した美酒が北の勝です。

 

さいごに

 

根室市とその周辺の酒店で必ずと言っていいほど取り扱われている「北の勝」は、地元に定着し、支持されている日本酒です。

 

生産量の大部分が根室・釧路管内で消費されており、他所ではなかなか見かけることがない日本酒です。

 

しかしながら、一度飲まれた方はその日本酒の虜となり、根釧地域から離れたところでも取り扱いがある日本酒でもあります。

 

また、季節限定の人気銘柄「搾りたて」は、毎年1月に発売され、またたくまに完売をしてしまう入手困難な日本酒としても知られています。

 

2017年の今年1月に発売された搾りたては、昨年より200本多い17,700本を製造していますが、数分で完売。

120キロ離れた釧路市から購入しに来る人もいれば、それよりも遠い所から購入しに来る人も。

 

それだけ魅力的な日本酒だということでもありますが、やはりファンが多いということもあるのでしょう。

 

20179月には創業130周年を迎えます。

 

北方領土がすぐ目の前に点在している根室市で、創業130周年を迎える北の勝を味わってみてはいかがでしょうか。

 

【碓氷勝三郎商店】

北海道根室市常盤町1丁目6番地

TEL(01532) 3-2010

参考:碓氷勝三郎商店(http://www.marimo.or.jp/~honda/cybermkt/mall/usui/

   北海道酒造組合(http://www.hokkaido-sake.or.jp/

   朝日新聞DIGITALhttp://www.asahi.com/articles/ASK1L4590K1LIIPE00L.html

   ニムオロ塾(http://nimuorojyuku.blog.so-net.ne.jp/2011-12-23

ABOUT ME
Sugitama
Sugitama
管理人:Sugitama 日本酒大好きな関西人。 日本酒がある小さな居心地の良い居酒屋を探すのが好き。 好きな銘柄は「冩楽」「而今」。 日本酒専用冷蔵庫のコレクションから選んで晩酌するのが幸せ。 日本酒の銘柄や各都道府県のまとめ記事、風味別などで検索して見てください。 2017年11月 日本酒ナビゲーター資格取得(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定) 2019年1月 唎酒師資格取得
隠れた銘酒発見!日本酒定期宅配便「saketaku」
日本酒定期便のsaketakuの画像

全国の数ある日本酒から銘酒を探すため、知名度やラベルは一切関係なし、最終審査ではラベルを隠した状態で鑑定士に選ばれた、”本当に”実力のある日本酒が毎月届くお得な定期便「saketaku」。

月々2,980円〜、大好評のため新規会員は毎月先着150名までなので、気になる方はお早めに。

紹介ページ公式ページ